2015年4月28日 (火)

軽井沢へ

26日に泊りで軽井沢へ。目的は千住博美術館と夕方17時には大賀ホールでのフジコ・ヘミングのコンサート、翌日は上田美術館レオナール藤田の絵を見て帰りには御開帳中の善光寺へ。日帰りのできる距離でも夜、暗い中での運転は隣に乗っているだけでも疲れるので運転者はもっと大変だろうとホテルを予約していた。この時期のホテルはどこも結構いい値段それでも満室。ようやくとれたのはアパホテル、駅のすぐそば。大賀ホールまでは徒歩10分くらい。

随分前からチケットも用意出来てホテルもとれてわくわくしながらこの日を待ちわびた。もうこれでフジコ・ヘミングのコンサートも私の体力では無理かもと思いながらもピアノに向かって力強く時にはやさしく弾かれるフジコさんは私より年配な筈、まだまだ聴きに行ける体力を持ち続けようと改めて思った。

16時30分開場17時演奏開始、指定席なのに4時半にはもう長い列が出来ていた。老若男女そして欧米系の外国人も。途中休憩もあり終ったのは19時。ショップ販売では絵葉書やCDも大勢の人でチラッとのぞいただけで会場を後にした。ホテルに戻ってからいただいたパンフをよく見たら会場限定販売のDVDが・・・。買いたかったなぁ・・・。夕飯はホテルで簡単なものを夫は海老フライ定食と軽井沢ビール。私はクリームパスタ。熱々でとても美味しかった。この日は朝も昼もパンで夜パスタ、粉もんばかりの日。次の日の朝は和食にしようとご飯を少々。朝食はバイキング。

ゆっくり新聞を読んで朝ドラを見てから上田美術館へ。絵は静かな中でゆっくり見たい。が、5人組のオバサマたちの騒々しさに辟易。東京の美術館なら監視員の方に注意されるであろうがここはおおらか・・・。美術館には耳栓を持って来ようとこんな時いつも思う・・・。千住博美術館では静かに観賞できてよかった。

次は善光寺へ。いつものお蕎麦屋さんでお蕎麦を食べてそこに車を置かせていただき善光寺へ行くのだが道路は渋滞でようやくお蕎麦屋さんへ到着と思ったらお蕎麦屋さんの建物は姿かたちもなくなっていてそこは駐車場になっていた・・・。びっくり!駐車場はもうどこもいっぱいで入れない。参道を抜けて買い物しようと思っていた八幡屋磯五郎のお店の前で渋滞ここで買い物したいのに車の中からお店をのぞくと買い物客でごった返し状態。

ここの七味唐辛子はスーパーでも売っているが七味ゴマはここでしか買えない。私もお嫁さんも大好きな七味ゴマ、嗚呼~残念。諦めるよりしょうがない、また出直そう。と、ひたすら渋滞をぬけて帰路へ。途中の道の駅でお蕎麦を食べることに、遅いお昼そして売店をのぞくとありましたよ。七味ゴマが4袋。4袋しかなかった、全部お買い上げ・・・。まあまあ買えてよかった。夫は乾き物をおつまみに晩酌、早々と寝てしまった。私も洗濯を済ませて夕飯も食べずに閉店。(笑)早く寝たので早起き・・・。(笑)

     http://blog.goo.ne.jp/dream_019

 

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

ランチの日

いつもとは違った表現の場となっていた美術館の中庭を写したのを今日のgooへ載せました。あまり興味がなかったので少しだけ見て百貨店へ。

台風が接近しているようです。おおごとにならなければいいのだけれど。自然の猛威って恐ろしいから。

今日は一日曇り日、これから4人でランチの日。暑くもなく外出にはちょうどいい日。明日は一日傘マーク。明日、午前中の会合、雨でも出かけなければならずちょっと億劫。我が家の専属ドライバーさんは今朝早々に1泊で出かけたのでマイタクシーには使えず残念。

      http://blog.goo.ne.jp/dream_019

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

美術館

4月20日から6月9日までの柳宗悦展。昨日が最終日、行こう行こうと思いながらとうとう最終日、どうしてもの思いで出かけた。最終日はさすがに見損なうまいと云う人たちでいっぱいだった。静かに観賞、草間弥彌常設展にも寄ったり、女性だけの小さな写真展などもあったりまた中庭ではギターやシタールなどで歌ったりほかにダンスのようなこともあったりしていろいろなイベントもあり中庭のきれいな芝生はいつもと違った表情を見せていた。

そのあと百貨店に寄ったり駅前の大型店に寄ったり結構歩いて疲れたけれど心地よい一日だった。写真の整理が出来たら乗せたいと思いますが今年初めて行った美鈴湖の写真を今日はgooのほうへ。お時間がありましたらどうぞ。

     http://blog.goo.ne.jp/dream_019 

| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

松本市美術館

紅葉の写真まだたくさんあるのだけれど今日の写真は美術館の草間彌生展の最終日に行ったものを載せました。2回行こうと思っていたのをぎりぎり最終回に間に合いました。7万人を超える大盛況のうちに終わり私もとても満足しました。

美術館の庭も紅葉していましたがまたあとで載せようと思っていますが何しろ勝手気ままなブログあとで自分の記憶を辿るためのものでもありトルコで検索して見てくださる方がいると私もまたその時の写真を見たりしてブログって楽しいなと続けていますがどこまで続けられますか・・・?お付き合いくださっている方いつもありがとうございます。

     http://blog.goo.ne.jp/dream_019

| | コメント (2)

2012年9月 9日 (日)

宝塚歌劇団

松本でも宝塚が見られると喜んでいる。今日がそのチケットの発売日。明日の10日に発売と思い込んでいたら昨日のテレビで9日と出ていたのでのこのこと10時に芸術館へ。80番目。もう発売していると云うのでそんなに時間がかからないかと思ったら窓口で席選びなので結構時間がかかって1時間半も立ちっぱなし。やれやれ。S席は売り切れでA席、まあまあなところが買えてよかった。11月10日が楽しみ。14時からなので明るい時間に行って明るい時間に帰れる。またひとつ楽しみが増えた。

今日のgooは松本城を載せています。常念岳はなかなかこの頃は見れませんがそれよりも珍しい槍ヶ岳が見れました。お時間のある方はどうぞ・・・。

     http://blog.goo.ne.jp/dream_019

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

DVD鑑賞日

昨日はうだるような暑さの中、家から一歩も出ることなく引きこもり借りて来たDVD三昧の日だった。私も若く体力もあり語学も堪能だったら参加したかったなぁ~と思えるアフリカ縦断114日間の旅。前篇・後編、中国のシルクロードの方は前篇だけ・・・。大自然を楽しむ旅、充分見ているだけで楽しめた。暑い日のやる気のない日の過ごし方はDVDを見る。これに限るなぁ~

みなさまご自愛くださいね。暑さはまだまだやってきたばかりですから・・・

      http://blog.goo.ne.jp/dream_019

| | コメント (0)

2012年8月 1日 (水)

豊科近代美術館

昨日は朝から午前中、安曇野市の運動公園に行く夫の車に同乗して近代美術館へ。この美術館のきれいだった沢山のバラは静かに終わりを告げてぽつんぽつんと名残のバラがあり少し写して美術館へ。美術館もひと気もなく静か。彫刻家高田博厚の作品がたくさんあります。この美術館好きでよく電車に乗って通うつめましたが最近は御無沙汰でした。いま、特別展で田淵行夫の蝶の細密画が展示されています。館内はカメラ禁止ですが1ヶ所カメラOKのところがあり学芸員の方が先に連れて行ってくれました。中庭です。ここは昔も今もOKの場所なのですね。ここで1時間、隣の図書館で1時間安曇野市の図書館も登録すると借りられると聞いていたので今回は借りる手続きもしてDVD3本と本は10冊まで借りられます。が、DVD3本と本は1冊借りてきました。暑い日は家でまったりと本でもよみましょう・・・。

     http://blog.goo.ne.jp/dream_019

| | コメント (0)

2012年7月27日 (金)

草間彌生展

美術館では今 草間彌生展の「永遠の永遠の永遠」がはじまっています。私はまだ見ていませんが初日の日にたまたま通りかかって時計を見たら少し時間に余裕があったので写真だけ撮りました。前売り券を買ってあるので改めてゆっくり見に行こうと思っています。カメラOKのところだけ写しています。ちょうど雨がぱらついてすぐやみましたが地面が濡れて涼し気な日でした。11月4日まで開催です。今日のgooはそれを載せました。よろしかったらどうぞ・・・。

     http://blog.goo.ne.jp/dream_019

| | コメント (2)

2011年8月18日 (木)

松本市美術館

朝早く9時開館と同時に入ることを目指して(?)美術館へ。

::昭和の日本を活写し続けた写真家・土門拳。その作品を振り返るとき、”人間愛”や”日本の美”を通し”平和”というキーワードが浮かんできます。戦前戦後の子供たちを撮影した作品には、貧困の中にありながらも逞しく生きる姿や無邪気な笑顔がとどめられています。

また同時代を生きた著名人の肖像は、ぎりぎりまでピントを絞り込み、その心のうちや気性までもが映し出されているようです。人間を捉えた写真には土門の人間に対する愛、あるいは執着とも云える深い眼差しが注ぎ込まれています。終戦から12年を経た昭和32年、初めて広島に降り立った土門が見たものは、あまりに深く、癒えることなく続いていた戦争の爪あとでした。

被爆により苦しむ人、亡くなっていく家族の悲しみ・・・「これはいけないと狼狽した」という土門ですがその現実に真っ向から対峙して記録しています。

更に、仏像や古寺をはじめ、やきものや古美術の造詣も深く,確個たる美意識で貫かれた作品を晩年まで数多く残しています。土門が愛でた日本の美は、とりもなおさず私達が後世に残し伝えゆくべきものでもあります。日本とそこに生きる人々への愛がにじみ、今を生きる、またこれから生まれくる人々へ、土門拳からの大切なメッセージが込められた展覧会です。:: ~土門拳からのパンフからのメッセージです~

この展覧会だけに2時間近く費やしみました。満足満足で美術館前からの水玉乱舞号のバスにはじめて乗ってみました。旅人とおぼしき初老のご夫婦がバスの中でマップを広げていました。楽しそうな光景に笑みがこぼれました・・・。

      http://blog.goo.ne.jp/dream_019

]

| | コメント (0)

2011年7月31日 (日)

7月最後の日

今日で7月最後です。ひと月何をしたのでしょう・・・。暑い暑いと云いながらぐーたらを決め込んでいたら台風が・・・。台風の後、何だか涼しくなったみたい。新潟のほう死者まで出る被害がありましたがお見舞い申し上げます。

いろいろな災害がやってきてこの先どうなるのだろうと心配もしますが何とか微力で持ちこたえていきたいものです。

そんななか、昨日は博物館でマンダラ展を見に行ってきました。雨情報なので傘は持って行きましたが途中小雨がパラツキ縄手のほうの七夕人形など見たかったけれどそれも見ず博物館前の広場では太鼓祭りの準備もしていましたが大急ぎで帰宅しました。

花時計前とお城の公園と一日2公演のようでした。今日もあるようですが晴れて欲しいですね。

      http://blog.goo.ne.jp/dream_019

| | コメント (0)